脱英語コンプ!オンライン英会話は「レアジョブ」が断然おすすめ!

「オンライン英会話」や「レアジョブ」をご存知ですか?

英語にコンプレックスを抱えていたり、本当は勉強したいのに先延ばしにしていませんか?

 

仕事で、趣味で、就職で、転職で、MBA留学で、、、色々な理由で英語を勉強したいと考えている方は多いでしょう。ただし、英会話学校に通うにも、通学時間と高いレッスン費用のコストがかかるのがネックです。かく言う自身も大学4年生の時は内定先の社費で「ベルリッツ(Belritz)」に通いましたが、6000円/1講義でした。学生当時、とても自腹では支払えませんね。やはり、質の高い英会話学校はその分、料金が高いです。まあ当然。

 

しかし、オンライン英会話なら、講師の質担保しながら時間と経済面の両方コスト的問題を簡単に解決できます。今回は、数あるオンライン英会話サービスの中から、1番おすすめな老舗の「レアジョブ(Rarejob)」を詳しく紹介します。

 

オンライン英会話とレアジョブ


オンライン英会話とは、従来の通学型英会話スクールに比べて、格安でマンツーマンの英会話レッスンをPCとインタネットと使って受けられるサービスです。自宅が外出先から、好きな時間や曜日にレッスンが受けられる「便利さ」「手軽さ」を特長としています。レッスンには、無料通話ソフトの「スカイプ(Skype)」を使用します。

オンライン英会話レッスンに必要なもの
・マスト:インタネット環境、PCやスマホなどのデバイス、スカイプのダウンロード、ヘッドセット(マイク付き)・あればベター:ウェブカメラ(Macbookやスマートフォンには内蔵)

その中でも、老舗であるレアジョブ(Rarejob)は知名度、英会話講師の質と量、サポート体勢などが優れているサービスです。詳しいサービス概要は、下記の比較表を見ると分かりやすいで割愛します。

 

【レアジョブと英会話スクールの比較】※レアジョブHPから引用

 

下記と表の通り、ここ数年でレアジョブに続いて、ラングリッチ・DMM英会話・KEYEYE・hanasoなどの沢山のオンライン英会話サービスが台頭してきました。しかし、後述しますが、1番大切な講師の質もレアジョブに軍配が上がります。ただし、料金面はKEYEYEが圧倒的安さなので、安さのみを追求するならここがいいでしょう。

 

compare2_655w

LIGより引用

 

 

レアジョブの7つのメリット


1.料金が安い

1レッスン129円からという驚異的な安さからスタートできます。「日常英会話コース毎日50分プラン」でも月10,680円(173円/レッスン)。そして、「ビジネス英会話コース毎日25分プラン」でも月7,760円(250円/レッスン)ビジネス英会話のレッスンがこの料金で受講できるは、非常にお得です。

2.時間の融通がきく

早朝は朝6時から夜は深夜25時まで開講しています。大学の講義や会社出勤前の朝の時間、休み時間、就寝前などをライフスタイルに合わせてレッスンを受講できます。しかも、キャンセルは30分前までオンラインで対応してくれますので、急なスケジュール変更にフレキシブルに対応できます。

3.学習分野を自由に選べる

レアジョブには、TOEIC、TOEFLなどの試験対策の専門講師がいますので、学習目的に合わせてレッスンできます。特に、おすすめはTOEFLのスピーキングテスト対策としての活用です。また、英検の講師はいませんが、1級などの2次試験のインタビュー形式の練習にも付き合ってくれます。その他、外資系企業や英語面接や社内試験などにも活用できます。これとは別に、TOEIC®対策というサービスもあります。

4.場所を選ばない

Skype経由でのレッスンなので、学校に通学する必要が無いです。必要なのは、wifi環境とPC、iPhone、iPadなどのアプリがインストールできるデバイスです。家は勿論、カフェや職場などで何処でも英会話が楽しめます。通学に必要だった交通費もかからくなります。忙しい社会人には嬉しいです。

5.iPhoneなどのスマートフォンOK

Skypeアプリを使ってスマホでレッスンできます。ネット環境が悪ければ、音質が悪くなったり途切れたりしますが、スマホからでもレアジョブは受講可能です。PCやタブレットと違い、スマホ自体に3G・4G・LTEといったインターネット環境があるので、会話のみのレッスンなら歩きながらでも可能になります。

6.講師のレベルが高い

講師は厳選されていて、フィリピンの最高学府であるフィリピン大学の出身者や在学者がメインです。日本で言う、東大生や東大出身者が講師陣のようなイメージです。ですので、スマートでホスピタリティ溢れる講師が多いです。その他、現役の看護師、マーケター、教師、銀行員…など様々なバックグラウンドを持った講師も多くいるので、会話も幅があって面白いです。(フィリピンはダブルワークが認められてる国です。)

7.無料なのに教材のレベルが高い

2,200種類の無料オリジナル教材があり、目的やレベルに合わせて選べます。ネットからダウンロードして使います。ビジネス英語の教材を使いましたが、なかなか素晴らしい内容でした。勿論、レアジョブ内の教材に捕われず、自分の日記やエッセイの添削や面接練習などにも対応してくれます。

 

 

レアジョブの評判


レアジョブの評判はネット上でもなかなか上々です。自分もビジネス英会話のレッスンを受けていて、投資コストに十二分に見合うサービスだと感じています。ただし、この満足度は3700人いるレアジョブ講師陣との巡り合わせやフィット感にも大きく左右されますので、最初は「おすすめの先生」を選ぶと良いです。

高学歴の講師陣、融通の効く受講時間、リーズナブルな価格設定と三拍子がそろう評判のスクールです。

講師は現地で採用されたフィリピン人が中心で、フィリピン大学の学生やOBを集めたエリートだけに発音はかなり綺麗(公式サイトで確認可能)。レッスンしてもらう講師の選択は学歴や専攻などから選ぶこともでき、特別に議論したい話題などがある際に役立ちます。

 

 

無料で体験レッスン


無料レッスンがあるので是非一度受講してみてください。自分も最初は無料レッスンから始めました。

必要なものはPC、iPhoneなどのスマートフォン、iPadなどのタブレットで、無料アプリのSkypeをダウンロードするだけです。超簡単で誰でもできます。加えて、現在「初月1円キャンペーン」中ですので、7,000円とか10,000円のレッスン代金が無料になります。スタートするには良いタイミングです

 

>>レアジョブ無料体験レッスン

 

 

まとめ


オンライン英会話の「レアジョブ」をおすすめしましたが、いかがでしたか?インターネットの進化とITデバイスのコモディティ化により、世の中は便利になりました。英語に限らず、情報収集力と工夫さえあれば、コストをかけずにスキルアップできます。

 

レアジョブが類似サービスとの競争で勝っているのは、「講師の質と数」です。前述した通り、フィリピンの東大と呼ばれるフィリピン大学の学生や卒生をメインに講師陣が揃っています。これに加え、オンライン英会話ならではの低価格料金、時間と場所に捕われないフレキシブルな受講システム、そして日本人の英語熱(意欲)。注目のサービスです。

 

ビジネスの世界では、2014年に東証マザーズ市場にIPO(株式上場)し、また元外資コンサル出身の加藤さんが立ち上げたことで話題ですね。気になる方は、「レアジョブを立ち上げた理由(外部)」も読んでみて下さい。そして、今年の夏に、レアジョブは総合商社の三井物産と資本提携しました。これを機に、BtoCがメインのビジネスモデルだったのが、商社の強力な顧客アセットを媒介としてBtoBでも存在感を増して行くでしょう。

 

 

【アラモ編集局よりお知らせ】
大学生、社会人の皆さん、自分の持っている「みんなに役立つ情報」を寄稿してみませんか?サークル、就職活動、恋愛、仕事、留学先や駐在先の国の情報などなど。我こそはというかたは「コチラ」にご連絡ください。また、アラモ関係者の方の本ウェブサイトへの広告出稿も無料で賜ります。

129円のスマホ留学!「レアジョブ」で英語ペラペラに

留学も英会話もコストはかかります。でも「レアジョブ」なら、Skypeさえあればスマホからパソコンから簡単にネイティブ講師のレッスンを受講できます。25分129円という破格の料金なので学生でも手軽にトライできます。

英検・TOEIC・TOEFLから就職面接・履歴書添削・ビジネス英語まで幅広く対応してくれます。色々なオンライン英会話を試しましたが、「レアジョブ」がナンバーワンです。
今ならオトクな限定キャンペーン実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です