CA就活で航空会社が求めるTOEICスコア一覧|外資系・国内系別

シンガポール航空 CA

客室乗務員になるにはどの程度の英語力が必要なのか?

今回は、航空会社の客室乗務員(別名: キャビンアテンダント・CA)を目指すエアライン就活生向けに、国内系・外資系の各社採用要件のTOEICの点数を紹介します。

 

日系航空会社CA職の場合

一般的には、殆どの日系エアラインが応募要件に600点以上と記載しています。一部の会社では「簡単な日常会話」「一定の英語力を有する」など曖昧な記載も見られます。

JALやANAなど国内航空会社の採用試験では、TOEICスコアをエントリーシートに記載し英語力証明書の提出が必要なほか、英語力のテストや英語(英会話)面接を行うケースが増えています。国内航空会社の英語面接は高校卒業レベル程度の英語力があれば問題ありません。



外資系航空会社CA職の場合

外資系エアラインでは応募条件に具体的なTOEIC点数が明記されている場合と、曖昧な場合が’あります。外資も地域によって様々ですが、アジア系では500点、中東及びヨーロッパ系では700点が最低基準とされています。点数の記載が無い会社は「英語堪能」という風に書かれています。

「Cabin Crew」や「Flight Attendant」として職種別採用が行われています。中東・欧州系の外資系航空会社ではエントリーシートの作成、履歴書、カバーレターなどすべて英語で作成し、採用試験の連絡や面接試験など全て英語でやりとりを行います。



今後のCA採用マーケット

アフターコロナ時代はエアライン産業自体が厳しく、必然的にキャビンアテンダント職の採用は絞られるので採用難易度は激化します。

2019年までは日系航空会社やアジア系外資航空会社もTOEIC500点や600点台を最低基準としていましたが、今後はCA職の採用数縮小により700 – 800点台の高い点数が必要とされるでしょう。

 


【CA職を理解するための書籍】

created by Rinker
¥1,430 (2021/03/19 08:11:18時点 Amazon調べ-詳細)

129円のスマホ留学!「レアジョブ」で英語ペラペラに

留学も英会話もコストはかかります。でも「レアジョブ」なら、Skypeさえあればスマホからパソコンから簡単にネイティブ講師のレッスンを受講できます。25分129円という破格の料金なので学生でも手軽にトライできます。

英検・TOEIC・TOEFLから就職面接・履歴書添削・ビジネス英語まで幅広く対応してくれます。色々なオンライン英会話を試しましたが、「レアジョブ」がナンバーワンです。
今ならオトクな限定キャンペーン実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です