ジョコビッチの奥さんは『世界一の奥さん』!?

テニス界No.1のノバク・ジョコビッチの奥さんは、世界一の奥さん!?

テニス界において知らぬ人はいないであろう、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手
しかし、彼がテニス界でNo.1に居続けるには周りの協力があってこそ!!
そんな彼を傍で支える妻を中心にジョコビッチの家族に迫ります。

 

1. プロフィール

jelena-ristic

 

名前:エレナ・リスティッチ(Jelena Ristic) さん

生年月日: 1986年6月17日 (29歳)

生まれ: セルビア ベオグラード

配偶者: ノバク・ジョコビッチ (2014年から)

結婚した場所: モンテネグロ スヴェティ・ステファン

子: ステファン・ジョコビッチ

学歴: モナコ国際大学 (2011年卒)、 ルイージ・ボッコーニ商業大学 (2008年卒)

 

 2. エレナの「仕事」は石油会社の人事・モデル

エレナがミランのボッコーニ大学を卒業後、ジョコビッチと共にモナコ公国のモンテカルロに移り住み同棲生活を始めます。(現在も住居はモナコです。)そこでエレナはヨーロッパの石油会社「Tamoil the Libyan oil company」で人事としてキャリアをスタートさせました。

 

2013年には、その美貌とスタイルを活かして、高級ランジェリー・水着ブランドの「Figleaves」のサマーコレクションのモデルに起用されています。当初、エレーナ自身は水着モデルの仕事をすることは乗り気じゃなかったそうですが、Figleaves社が売上から財団に寄付をするということで引き受けたらしいです。

Jelena-Ristic-FB11

Figleaves’s Summer Edit 2013のモデルに起用

Jelena Rustic10

Figleaves’s Summer Edit 2013のモデルに起用

 

 

3.  奥さまはMBAを持つ「才女」

jelena-ristic

NOVAK DJOKOVIC FOUNATION HPより

 

エレナはジョコビッチのパートナーとして彼の跳躍を支えるのは勿論のこと、現在ノバク・ジョコビッチ財団の取締役も務めビジネスサイドでも支えになっています。それもそのはず、エレナは、ビジネス系の学位と修士(MBA)を持つ才女として有名です。

彼女が卒業したルイージ・ボッコーニ大学は、イタリアのミラノに位置する歴史的なビジネス大学で、イタリアで最初に経済学部を開始した大学です。世界およびヨーロッパで最も優秀なビジネススクールの一つとして認められています。イタリアの政財界の著名人の多くを輩出している大学です。少々、余談にはなりますがサッカーのオランダ代表MF・前ACミランの監督として有名なクラレンス・セードルフもこの大学出身です。

そして、ルイージ・ボッコーニ大学を2008年に卒業し、彼女はさらにモナコ唯一の大学であるモナコ国際大学に進み2011年にMBAを取得しています。

 

 

4. ジョコビッチとエレナの「出逢いは高校時代」

 

ジョコビッチとエレナが出会ったのは高校時代で、8年の交際を経て2014年7月10日に結婚しました。ジョコビッチが2014年からスポンサー契約しているオーストラリアを代表するワインメーカー「ジェイコブス・クリーク」の“Made By  Moment”シリーズの第二弾キャンペーン動画に夫婦で登場しています。

笑いこそが人生の幸せ、ノバクとエレナの初デート」と題して、2人の初デートの思い出がコミカルに描かれています。ネットでも大人気の素敵な動画です。

 

 

5. ジョコビッチとエレナの「結婚式」

tumblr_n8p7ryedXh1szaph4o1_1280

 

2014年7月にはアドリア海に面する小国モンテネグロで結婚式を挙げました。モンテネグロのスヴェティステファンというリゾート地で、家族と親しい友人のみの小規模な結婚式でしたが総額は7,000万円と言われてます。当日は、スヴェティステファンとその周辺は、報道陣が入れないように外部から遮断され、リゾート地の従業員やウェイター、スタッフは挙式中に携帯電話を使用しないという署名をし、厳戒態勢だったそうです。

 

djokovic

地元メディアによれば、結婚式にはコーチのボリス・ベッカー氏とマリアン・ヴァイダ氏、そしてテニス選手のマリア・シャラポワやアンディ・マレーら140人が招待されたそうです。

そして、ライバルでもあり友人でもあるマレーが結婚式のベストマン(新郎の世話人であり、結婚指輪や結婚証明書を運ぶなど、挙式進行のサポートをする重要人物で)をつとめました。

 

 

6. 「息子ステファン君」が生まれ父親になる

1970911-novak-djokovic-et-son-fils-stefan-600x315-3

ステファン君と遊ぶジョコビッチ

 

挙式から3か月後の2014年10月には、第1子のステファン君が誕生ました。子供の誕生はジョコビッチを精神的に成長と安定をもたらし、様々なコメントをメディアに残しています。

 

「正直なところ、先週父親になり、すでにナンバーワンを獲得したような気持ちだよ」

「もちろん、心理的な面での変化はあったよ。でも、誰かとプレーするということと、子育てをするということは特別なモティベーションになるものなんだ」

14987e496dff544bd51c7c14839858df「僕たち夫婦は子供を授かって、親になった。これは最高に美しい経験だよ。パリは親になって初めての大会だった。そして、僕はそこで失セットゼロで勝った。これはもっとたくさん子供をつくらないといけないと思ったよ」

「来年は赤ちゃんにとって何がベストなのかを考えてシーズンをスタートすることになるね。それが最優先だ」「もちろん、父親として子供の人生に関わっていきたいし、それができるといいなと思っているんだ」

「(子どもの誕生は)僕たちに愛の素晴らしさを違う視点からみせてくれて、エネルギーを与えてくれた。おかげで家族の絆はより一層強まった」

「家に帰れば、僕はもうテニス選手じゃない。父親で、夫だ。それが絶妙なバランスを作り出していて、その影響でプレーが良くなっているんだと思う」

「結婚し、父親になって以来、僕はほとんど負けてない。いろんな大会で優勝した。すべての選手に伝えたいよ。結婚して、子どもを作ろうってね」

 

ジョコビッチは父親であり選手であることに関して、フェデラーからアドバイスを受けているそうです。

 

 

7. ジョコビッチを支えてきた「家族」

6a00e54ee7a8438833014e8811fc15970d-450wi

ジョコビッチファミリー

 

ジョコビッチは、セルビアのスキーリゾートで人気ピザレストランを経営する家庭に生まれました。両親とマルコ、ジョルジという2人の弟の5人家族です。この弟2人ともプロテニス選手になって偉大な兄の背中を追いかけていますが、現在ランキングは100位以下でフィーチャーズの大会を転戦しています。

 

さて、ジョコビッチは4歳からテニスを始め、家族と共に平穏な日々を送っていましたが、11歳の時コソボ紛争にNATOが介入しセルビアへの空爆が始まりました。この紛争で父のレストランも爆撃を受けました。金銭的にも大変な状況になりましたが、父は人知れず借金をしてジョコビッチにテニスを続けさせ、遂にはセルビアでの練習継続が困難になったため13歳でドイツに留学させたそうです。

 

Novak-Djokovic-Outing-with-family

そんな両親から常々聞かされていた言葉があります。「コソボ戦争がはじまり、セルビア人は世界に非人道的な民族だと思われている。でも戦争というのは、一般の人々ではなく、政治のごたごたが原因で起きているのだ。ノバクにはミッション(使命)がある。お前が世界No.1になって、セルビア人は歴史があり文化もある、普通の民族であることを、世界の人々に伝えるのだ。」

 

ジョコビッチは、自身の10代を振り返りこう述べています。「私の幼少期のセルビアは戦争中で、子ども達には選択肢がなく、夢をあきらめざるをえませんでした。しかし、何があっても私は世界一のテニスプレーヤーになるというミッションをあきらめるわけにはいかなかったのです。」

この幼少期の経験が、現在のジョコビッチ財団の設立の原動力になったのかもしれませんね。

家族の支えと祖国セルビアへの思いが、ジョコビッチが最強テニスプレイヤーであり続ける1つの理由なのでしょう。

 

 

まとめ

bella_01

愛犬のピエールとテスラ(共にプードル)

いかがでしたか?

今回はジョコビッチの奥さんを中心に家族の方の紹介をしました。
ジョコビッチの奥さん さすが世界一の夫に相応しい方でしたね。

ジョコビッチ選手のこの言葉

「結婚し、父親になって以来、僕はほとんど負けてない。いろんな大会で優勝した。すべての選手に伝えたいよ。結婚して、子どもを作ろうってね」

やはり、世界で活躍する人は家族の支えが大きな原動力なのかもしれませんね。
今後も、ジョコビッチ選手の活躍はもちろんのこと、それを支える奥さんから目が離せません!!

 

 

 

【ジョコビッチファン必見】

ユニクロだけじゃない!ジョコビッチの豪華なスポンサー事情。

ジョコビッチの「王者の食事術」グルテンフリーで世界No.1に!

【ものまね動画集】ジョコビッチが完コピした10名の選手達が似過ぎ

ジョコビッチの年収・獲得賞金額は○○億円!?

 

 

 

129円のスマホ留学!「レアジョブ」で英語ペラペラに

留学も英会話もコストはかかります。でも「レアジョブ」なら、Skypeさえあればスマホからパソコンから簡単にネイティブ講師のレッスンを受講できます。25分129円という破格の料金なので学生でも手軽にトライできます。

英検・TOEIC・TOEFLから就職面接・履歴書添削・ビジネス英語まで幅広く対応してくれます。色々なオンライン英会話を試しましたが、「レアジョブ」がナンバーワンです。
今ならオトクな限定キャンペーン実施中!