私が国立大と立命館を蹴って「関西外大」に入学した物語【外大生のリアル】

立命館大学を蹴って関西外大に入学した受験物語

関西外大を志望する学生の皆さん。関西外大の学生のリアルな受験話って気になりますよね?

私は受験で国立大学と立命館大学にも合格しましたが、「関西外国語大学」を選びました。その理由は!?高校当時の偏差値、センター結果、入学後のIES生活、留学、外大生のTOEIC・TOEFLの点数、そして就職活動など「関西外大生のリアル」を紹介します!

 

高校3年生の時の偏差値は?

illust3505thumb「まず、私は完全な私立文系型(英・国・社)の高校生でした。英語はかなり得意だったから偏差値は70以上はあったかな。あっ、高校2年生の頭に英検2級に受かりました。国語はそこそこで偏差値50~60台をウロウロする感じ。歴史は世界史を選択してたけど、これも得意で偏差値は60台後半だった。だから、3科目だけの関西外大の模試判定はほとんどA判定だったと思う。一方で、理系科目はからきしダメ学生で、数学の偏差値は常に40台でしたね。進学校だったので、センター試験の5教科7科目丸ごと勉強してました。」

 

 

受験方式はやっぱり公募推薦?

illust3478thumb「11月の公募推薦を受験しました。初日に外国語学部英米語学科、2日にスペイン語学科を。(今と違って、当時は外国語学部の2学科と国際言語学部しかありませんでした。)試験科目は英語一科目のみだったので自分には相性がピッタリで手応えはバッチリでした。でも、 梅田の大阪駅直結のホテルグランヴィア大阪に宿泊したので、テンションが上がりすぎて逆の意味で試験どころでは無かったですね。受験より、田舎から生まれて初めて出て来た大都市大阪を堪能したくてウズウズしてた…笑」

 

「結果は幸い合格。確か…受験結果が郵送されてきた際に、自分の得点と最低合格点が書いてあったと思う。両日ともに80%以上は取れてたので英米語・スペ語ともに合格でした。ミスした数は少なかったけど、如何せん配点が5点とか8点の試験なんで、思ったより得点が低かったことは記憶に残ってます。そして、ありがたい事に両親が入学するかもわからない大学に30万円の入学金を振り込んでくれて、晴れて3年生の年内に第一志望「群」の合格校を確保できました。」

★公募推薦についてもっと詳しく>>>「関西外大の公募推薦を受ける人は絶対読むべき!難易度・配点・対策 まとめ情報

 

 

センター試験の結果は?

illust3491thumb「私は公募推薦で合格してましたが、田舎の国公立崇拝の進学高校ルールがあったので、センター試験は義務で受験で受験しました(させられました)。結果は…?ざっくりとしか覚えてないけど、英語は190点(リスニング無しの時代)、国語は140点、世界史は90点、数学Aは55点、数学Bは30点、、、その他にも生物、公民など受験したと思うんだけど、そっちは全く覚えてないな〜。総合的な結果は、地方の国立大学で2次試験の配点が大きめところは受かりそうな合計点数だったよ。あと余談だけど、関西外大の一般入試(センター利用)は十分合格できる点数でした。」

★一般入試についてもっと詳しく>>>「関西外大の一般入試を受ける人は絶対読むべき!試験科目・偏差値・傾向と対策 まとめ情報

 

 

受験した大学と結果は?

illust3504thumb「田舎出身だったので、どうしても関西か関東に出たくて…。まずは、日米の学位が取れる立命館大学の国際関係学部(デュアルディグリープログラム)を第一志望に。それがダメな場合に、関西外大の外国語学部英米語学科(IES希望)、立命館大学文学部英米文学科、青山学院大学英米文学科、上智大学の経済学部を受験しました。

正直、当時は目的なき大学受験に真剣になれず受験勉強も受験校選びもかなりいい加減だった。高校も”国公立が正義”で”私学が悪”みたいな風潮があって先生にも相談しなかったな〜。国公立受験は義務だったので、九州の某国立大の経済学部を受験しました。当時のワタシは上昇志向がまるで無い受験生だったから、帝大も早慶も恐れ多くて目指そうとも思わなかったな〜。まるで雲の上の人みたいな…笑そう言えば、東大に現役合格した同期は狂ったように勉強してましたね。」

 

illust3504thumb「で、ちょっと話がそれるけど。実はね、私受験に興味が持てなくてアメリカの大学に入学しようと思ってました。今は国際バカロレアが取れる高校も増えて、海外進学が当たり前の選択肢なのかもしれないけど。当時、田舎の進学校の学生がそんな話をしても、親も高校の担任もまともに取り合ってくれなかったけど…。インターネットも今みたく普及してなくて、受験の準備方法も分からない情報弱者だった私は、ある時1冊の無料受験雑誌である大学?機関を見つけちゃったんです!」

 

「その名もNCN米国大学機構...怪しい…怪し過ぎる….。今でも強烈に覚えてるな〜笑。そこは民間の留学サポート機関で高校卒業後に専門の対策をして米国の大学受験に挑戦するといった感じでした。漠然とアメリカに行きたいと思っていた私は3年生前期の親を交えての担任との進路相談でNCNへ行きたい旨をやんわり提案してみたんだけど…。結果は勿論NG…動機も熱意も全部弱かった。結局、ぼんやりと高校の授業を受ける日々が続きました。」

 

illust3507thumb「私の高校は田舎のとある進学校。田舎特有のビックリ学習カリキュラムに3年間耐えたのは今や良き思。1年生から毎朝7:30〜8:15まで朝補習があり、3年生にもなれば、朝補習に加えて夕方の5時間目以降の夕補習が始まります。そして夏になれば、5日間の勉強合宿があり生徒教師共々、ホテルに缶詰め状態で勉強です。ただし、私の場合は5月の高校総体が終わってもインターハイに出場することが決まっていたから、9月まで夕補習免除で部活で練習してました。この点はラッキーだったかも。」

 

 

大学受験の結果と入学校の選択基準は?

illust3496thumb「で!肝心の受験結果は…?実は、予想に反して微妙な結果でした。関西外大以外には、地方の国立大学と立命館大の英文科だけが合格でした。第一志望だった同じ立命館の国関デュアルディグリーはかなり難関で不合格。青学なんかも模試はB判定以上で自信あったのにまさかの不合格でした。上智は経済興味ないのに適当に受けたのでダメで。まあ、理由は自分でも分かっていて。センターの勉強がメインだったから、私学対策をあまりやってなかったのね。赤本1回サラッと解いただけ…。自分の中では逆の意味でビックリした結果だったな〜↓↓」

 

illust3507thumb「2月中旬にはセンター試験での国立大学と私立大学一般入試(前期)の結果が出そろって、いよいよ決断のタイミングがやってきました。モチベーション的に後期試験は受けず、浪人する気なんて更々ありませんでした。某国立大学は経済学部だったので興味が沸かないし、何より九州の田舎の時点でハナから行く気は0%。田舎臭いキャンパスが肌に合わないくて…。

自分の中の選択肢は「関西外大の外国語学部英米語(IES)」か「立命館大学の文学部英文学科」かの2択でした。そして、カリキュラム、留学制度、大学のキャンパス、校風など色々と加味して決断したのは….関西外大でした。受けといて何なのですが、当時の自分は英文学という学問に一切の興味を持てませんでした。また、浅はかな考えだけど文学にプラクティカルな魅力を感じなかったんですね。全くと言っていい程に。」

 

「多分、関西の人は”何で同志社や関学を受けなかったの?”って言いたくなると思うんだけど。当時(多分今も)、田舎では関西学院大は全く有名ではなくてイマイチピンと来ない…。流石に同志社大が偏差値が高い歴史ある大学だという認識は当然あったんだけど、当時私の田舎では立命館大が勢いがあって認知度・ブランド力が高かったんですね。

今思えば、マーケティングやブランディングに注力した立命館の大学経営が上手だったというわけですけど…笑。けっして統計的なデータがあるわけじゃなく、あくまで肌感覚だけど、関西圏だと同志社大学が断然No.1だけど、実は九州や関東で”受験に熱心ではない人々”にとっては、立命館も同志社も同程度の大学という認識かと思います。」

 

 

立命館大より関西外大を選んだ理由は?

illust3504thumb「最終的に私が立命館大を蹴って関西外大を選んだ理由は大きく3つあります。①学位留学で日米両大学のディグリーを取得できること。②IESプログラムでレベルの高い英語教育を受けられること。③キャンパスが綺麗でマクドナルドやシアトルズベストコーヒーが出店していてトレンディーだったこと。大体こんな感じだけど、思い返すと田舎の高校生に関西外大のキャンパスは超眩しかった〜。一方で、脳内イメージだけが先攻しまくってた青山学院や上智大学のキャンパスは相当がっかりした〜…。まあ、合格してないから選択できる立場じゃ無かったんだけどね。」

★関西外大のキャンパスについてもっと詳しく>>>「充実ぶりがハンパない!関西外大の中宮キャンパスを写真つきで紹介

 

 

IESプログラムに入れたの?

illust3504thumb「IESは入学時のTOEFL試験の結果での選抜なので、本当に入れるのか確証はありませんでした。でも、高校3年生当時”英検準1級”まで受かっていたので、勉強しなくても合格する自信があって、高校卒業後の春休みにもTOEL対策は殆どやりませんでした。苦しい高校生活から開放されてサボっちゃったのです。

しかし!1週間前に買ったTOEFLテキストを見た時、全然分からなくて本当に焦りました。自然科学系の意味不明な分野の長文読解が多くて、対抗できませんでしたね。自分の英語攻略の勝ちパターンはとにかく単語と文法の丸暗記だったので、全く知らない単語ばかりだと対応できなかったんですよね…結局、悪あがきすることは止めて聞き流してクラス編成試験のTOEFLを受けました。テストが終わった時の手応えは若干あったような…無かったような…。まあ微妙だった。」

※今のクラス編成テストはTOEFLではなく、GTECですので注意してください。

 

「後日、学校の掲示板にクラス編成テストの結果が張り出されて…ドキドキしながら見に行きました。幸いなことに、無事にIESに合格。肝心のスコアは500点程度でした。そして、私の関西外大生活というより“IESづけ生活”がはじまりました。入学当初は何で関西外大に入ったか?という話はクラスメイト達としたりも。

IESの学生は大阪外国語大(現 大阪大)、神戸市外国語大がダメで第二希望で外大に入学してきた学生がちらほらいました。なんだかんだで関西外大で留学したくて入学した人がメジャー人種でしたね。その他、関西学院大学などにも合格したけど、やっぱり(学位)留学を目指して外大に来た学生もいました。もしかしたら、関西外大の中でも割と目的意識が高い層なのかも?あと、帰国子女が非常に多くて田舎者の私はビックリ!笑 」

 

 

IESプログラムはどうだった?

illust3482thumb「その後、関西外大の学生生活は忙しいIES、大学の友人、サークル、アルバイトという4つのポートフォリオでかなりリア充でした。特に、所属したサークルの先輩方にはとても可愛がって頂いて、色々と経験させてもらい社会のことを勉強できました。一方で、IESのクラスメイトの90%は何故かサークルに入っていませんでした。そういう環境だからこそ、外の世界を見れたのは新鮮で本当に良かったな。なんたって、交友関係の広さが大きく変わりますからね。サークルは絶対に入った方が良いと思う。」

 

「2年間のIESの授業でネイティブ教師の下で英語づけの日々。おかげで英語の力は相当つきました。私の場合、ヒアリングは最後まで苦手でしたが、スピーキング、プレゼンテーション、ライティングのスキルは厳しいネイティブ教官にみっちり指導されて大きく伸びました。担当教官やクラスの仲間とも相性を含めた人間関係が良かったのが大きかったな〜。

学内で受けるTOEFLは、1年目の終わりに530点2年間のIES修了の時点で580点位は安定して取れるようになっていて、無事に学位留学の最低基準も満たすことができました。このTOEFLにスコアメイクに関しては、IESはあまり関係ないとおもいます。やはり資格試験の類いなので、とにかく単語を暗記して、効率の良い解き方を模索して…という風な勉強を2年生からコツコツやりました。2年生終了時の当時のTOEICは800点程度だったと思います。でも、大学に入学してはじめて受けたTOEICで620点位しかスコアが出なくて、焦って勉強したのはオフレコで♪」

★IESについてもっと詳しく>>>「関西外大のIESに入りたい人は絶対読むべし!IESのリアル情報

 

 

学位留学はしたの?

illust3507thumb「関西外大に入った大きな理由はIESを経て、学位留学すること。最低でも交換留学。で、私の留学結果は?実は…その後に色々と心境の変化があって学位留学はおろか、交換留学にもチャレンジしませんでした。でも、私の知っている限りでIESのクラスメイトで交換留学に落ちた人はいませんでしたよ。自身は留学に行かなかったものの、留学経験者に負けまいとTOEICの勉強は密かに続けました。

就職活動時点は900点はスコアメイクできるようになってました。正確には900点無かったけど、サバ読んで900点と偽って就活しました(笑)。就職活動でスコアシートを提出する義務がある企業なんて、実はほとんど無いから。入社までに帳尻を合わすのは自信は全然あったので、強気にいっちゃいました。」

 

 

“ワタシ的”外大生の就職活動

illust3482thumb「就職活動では外資系企業をメインに受けました。外資の中でもメーカーメインでしたが、3年の夏休みに外資コンサル・証券会社のサマーインターンシップは受けました。それから、秋口より始まる本選考に臨みました。実際に英語の筆記試験だったり、英語面接を課してた企業もありましたが日本語ベースの選考が多かった。

受験した会社で1番印象的だったのが、イメージだけで受けたLVMH(ルイヴィトングループの親会社)選考過程でワインパーティーがあって、その会場で1番シャレオツコーデな学生を決めるファッションショーが開催されて♬その前に、全文英語で書かれたオシャレなパーティーインビテーションレターが来て心躍りました♪順調に選考は進んだけど、給料などの条件面で自分にフィット感が無くて止めちゃいました。

他によく覚えているのはイギリス系のメーカー(名前忘れ…)の役員面接で当日にいきなり外人役員が出てきて、70分まるまる冷や汗かきながらの英語面接になったことも…。私はあまり多く受験しませんでしたが、エントリーも含めて外資メインで30社程度受験して、最終的に米国系のメーカーに決めました。ありがたいことに、3年生の2月頃にはオファーレター(内定)をゲットすることができました。」

★インターンについてもっと詳しく>>>「勝ち組就活生になる為に絶対参加すべきインターンシップ企業10選(2017年卒むけ)

 

illust3491thumb「因みに、あくまで経験を踏まえた個人的な意見ですが、就職活動でTOEIC900点のスコアが有利になったことはなかったと記憶してます。実のところ、実務経験を伴わない英語系資格って採用活動における必要条件に過ぎないんですね…。じゃあ、就活の十分条件って何だろう?

これまた私の個人的な意見ですが、就職活動の十分条件は3つあると思っています。①会話や文章ベースで一定以上の地頭の良さがあること、②頑張って結果を出した活動・経験を持っていること、③常識的な思考・態度・外見を踏まえた人間性、の3つです。確かにTOEICも意味はあるのでしょうけど、上記の①と②を十分に備えている学生であれば800点程度なら入社後に簡単にキャッチアップできますからね。

受験戦争を潜った猛者達なら尚のこと。だから、TOEICはあくまでオマケなんですよ。書類上では何とでも書けちゃうし。でも!外大生である為の十分条件として、”英語が得意で資格で証明できる”という事実はとっても大切だよ。」

★外大生の就職活動についてもっと詳しく>>>「【英語・外国語系学生】就活で不利にならない為にやるべき4つの準備とは?

 

 

関西外大に入るなら、入ったからには…

illust3505thumb「入学時点で短大だろうが、クラス編成テストの結果が悪くて下のクラスだろうが、TOEFLとTOEICの勉強は一生懸命に続けることが大事だと思います。会話やライティングのスキルって客観的に効果測定しにくいんですよ。だから、学習マイルストンとして細かい刻みでスコアが分かるTOEIC・TOEFLをおすすめします。

 

あとは、当然学校の成績はしっかりキープすることも大事。この2つがしっかり出来てはじめて、学位留学や交換留学へチャレンジする権利を手に入れることができます。せっかく、高い学費を払って関西外大で学んでいるからには、奨学金つき(スカラシップ型)の派遣留学生として海外留学したほうがいいですよ。例えば、早稲田なんかも外大並に留学制度が整っていますけど、同じレベル(条件)の留学に選抜される確率は、おそらく関西外大の方が高いと思いますので。あと、国費留学にもチャレンジしてみてください!唯一、関西外大生活で心残りなのは、留学に行かなかったこと。未だにひきずってたりして…笑」

 

「私が母校を卒業して随分と月日が流れましたが、関西外大の留学制度はどんどん進化していってる気がします。昔は奨学金支給型の派遣留学制度と言えば、学位留学と交換留学くらいしかありませんでしたが、今は2カ国留学や大学院学位留学なんてとんでも無い制度までありますしね。しかも、関西外大の留学制度で派遣人数が明確に決まっていないのが魅力です。あんまり知られてないけどね。言い換えると、学内成績と学内TOEFLの条件さえ満たせば、年間数百万円支給される奨学金つきの留学に行けるんです。だから、そこを目指して頑張ってみる価値は大いにあります。親御さんも外大に進学させた甲斐があるってもんさ♬」

★留学制度についてもっと詳しく>>>「関西外大の留学プログラムまとめ(各制度の違い・費用・選考)

 

 

関西外大生にメッセージ

illust3504thumb「関西外大は努力さえすれば他の大学には無い沢山の機会が全員に開かれている大学だと思います。関西外大生になるからには、入学前から大学の情報や各種制度・奨学金などは色々と調べておいたほうがいいですよ。留学以外にも、セミナーハウスで留学生と共同生活できたり様々な仕掛けがありますし。最後に、残念なことに卒業して自分の出身校に自信や誇りが持てない人(男性に多い?)を多く見かけます。そういう人に限って、出身校名以外で自分自身にブランド価値をつける為の後天的努力を怠っているケースが多い気がします。だから、これから関西外大に入学する人や在学生は努力を忘れないで欲しいですね。 結局は、その努力の積み重ねがアナタのキャリアを作りますよ。」

★関西外大の評価についてもっと詳しく>>>「企業・父兄・教育者から見た関西外大のブランド力やイメージは?

 

 

129円のスマホ留学!「レアジョブ」で英語ペラペラに

留学も英会話もコストはかかります。でも「レアジョブ」なら、Skypeさえあればスマホからパソコンから簡単にネイティブ講師のレッスンを受講できます。25分129円という破格の料金なので学生でも手軽にトライできます。

英検・TOEIC・TOEFLから就職面接・履歴書添削・ビジネス英語まで幅広く対応してくれます。色々なオンライン英会話を試しましたが、「レアジョブ」がナンバーワンです。
今ならオトクな限定キャンペーン実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です