「気持ちは生涯アラモーダー。」第15代 ダンディーさんのアラモード。

アラモの語り部と言えば”この人”かハリーちゃんでしょう。でも僅差で”この人”に軍配があがります。

そう!貴方の代も、貴女の代も、貴男の代も、きっとサークルでお見かけしたダンディーさんです。今回は第15代のダンディーさんにアラモ論を伺います。

ダンディーさん 15代 アラモード

 「アラモードがなければ今の俺はない。」

 

——ご無沙汰しています。早速ですが、ダンディーさんは何年に入学されましたか?

村田:「平成13年の4月やな!2001年だ!短大で入学したよ!」

 

——確か…第15代ですもんね。当時のアラモードの新入生の入部部員は何名程いたんですか?

村田:「俺が入った時は、25人ぐらいはおったはず。加えて、4年間で辞めたメンバーも5人ぐらいと少なくて、最後まで大人数が残った代やったね!」

 

——それは凄いですね〜。恐らく後輩世代はダンディーさんとまあみさん位しか存じ上げませんが。入部した時はアラモは大きなサークルでしたか?

村田:「まーみさんも有名やねんな。いや、少なかったよ!俺ら1年生が半分を占めてたからね。」

※まあみさん:15代。卒業後はキャビンアテンダントとして活躍した美人な女性。

 

——どうしてアラモに入部を?

村田:「テニスサークルを探してたんやけど、スピは週5あって部活みたいな印象やったし、ペンギンは授業の関係で行ける曜日が合わなかってん!
んで、アラモにした訳よ。そして、初めてのサークルで、当時の幹部さんがほんまに良い人達で、「何て良い先輩達なんだ!」って思ってん。」

 

——やはり幹部はサークルの顔ですから、印象で入部を左右しますよね。では、当時のアラモについて教えて下さい。

村田:「サークルの雰囲気は正にアットホームな感じやった!テニスと遊びのバランスもちょうど半々やったし。」

 

——テニスの実力はどうでした?

村田:「テニスは歴代アラモード最強と謳われた”てつろうさん”が凄かった!他の先輩も上手い人多かったよ!学内ではスピ、アラモ、ペンギンの実力順やったわ。」

※奥本てつろうさん:外大オープンシングルスを3連覇した偉人。

 

”てつろうさんは正に歴代最強。俺が1年の時はオール選抜には4人位は入ってたと思う!”

 

——確か、奥本さんシングルスで毎年優勝されてたんですよね?

村田:「そう!正に歴代最強。ま、優勝出来る様な人はてつろうさんしかいなかったけどね!でも、俺が1年の時はオール選抜には4人位は入ってたと思う!ただ、俺らの15代でズバ抜けて上手い人はみっちゃんぐらいやったわ!」

※みっちゃんさん:15代。1回生で外大オープンのシングルスで準優勝した美人な女性。

 

——どうしてアラモが強かったんでしょうか?何か秘密が?

村田:「あくまでサークルでの練習は普通やったで。いや、むしろ緩やか。ただ、やる気のあるメンバーは活動日以外でも毎日片鉾コートで自主練してたよ!朝7時からやって、そこから一限に行くメンバーもおったくらい(笑)でも、元々上手い人が各代におったのが一番の理由やと思う。」

 

——上手な人との自主練は上手くなりますね。少し角度を変えて、ダンさん自身について教えてください。

村田:「何でも聞いて。」

ダンディーさん 15代男性メンバーと

 

——代名詞でもあるイジられキャラは入部当時から?

村田:「実は、入部当時はそんないじられる事はなかったよ!でも、いきなりダンディーってあだ名がつくぐらいやから、何かしはあったんやと思う(笑)本格的にいじられ出したのは2年生になってからかな。」

”逆にいじられなくなったら、終わりって感じ(笑)”

 

——本格的に…笑。それはどうしてですか?

村田:「1人暮らしを始めるようになってから、同期の和也、こうじと過ごす時間が増えるのと同時に、どんどんいじられが増えた(笑)
当初はいじられ過ぎて、嫌な時期もあったけど、我慢してる間にいじられて当たり前って思うようになった(笑)逆にいじられなくなったら、終わりって感じ(笑)気付けば後輩からもいじられるのが当たり前に。」

 

——ダンディーさんは基本的にはプライドが高い方ですもんね。やはり受け入れ難い部分はあったんでしょう。笑

村田:「まあね。ま、それが今ではいじられないと物足りなくなったよ(笑)」

 

——名前があがった同期の和也さん、こうじさん含め、15代はどんな幹部だったんですか??

村田:「俺らの幹部時代は何せ人数が多かった!過去最高ちゃうかな!20人ぐらいおったしね。それまでは各役職に1人とか掛け持ちしてたと思うけど、俺らの代は各役職に4人ぐらいおったわ!」

ダンディーさん 15代メンバーと

”第15代のメンバー。左から、ゆっち、明菜、みっちゃん、留学生の友達、まーみさん、のぶ、祥子です!(撮影はまさみつ)”

 

——幹部20人…!?逆に生産性下がりませんか?

村田:「男子メンバーが纏まってたから、何とかなってた!ただ、色々あって結局は少数精鋭でサークルを回す事になったよ。例えば、夏合宿に幹部が6人しか来ないという事件とかあったしね。」

 

——当時の部長・副部長はどんな方だったんですか?

村田:「部長は温和でみんなから好かれるタイプやったし!副部長はかなり優秀な人間やったわ!」

 

——その15代の幹部で、17代の坂下さん達を入れたんですよね?

村田:「なんちゃん世代!新入生が50人以上入ったからな。人数が多かった分、色んなグループが出来てて、バラバラやったのは確かで、結局先輩達と仲良くなった、なんちゃん達のグループだけが残る形になった!テニスのやる気もなんちゃんグループが一番あったからな。」

 

「”ダンディーってあだ名は一生物やわ!”」

 

——アラモードに在籍して、特に思いで深い事は何でしょうか?

村田:「一番は、自分の本名よりも本名らしくなった、ダンディーってあだ名との出会いかな(笑)社会人サークルでも、引き続きこのあだ名を使用してるから、ダンディーは一生物やわ!」

 

——他には?笑

村田:「他は…やっぱり人生初の彼女が出来た事かな!」

 

——ですね!?あの方ですね?

村田:「ほんとに!(笑)知ってるっけ??双子ちゃんじゃないよ。」

 

——あれっ、双子姐さんじゃないんですね。ダンディーさんは、数々の後輩部員と浮き名を流してらっしゃいますよね?

村田:「年下の子が好きやったからな(笑)」

——でしょうね…。笑 後輩キラーと伺っています。

村田:(苦笑)

 

——この辺で角度を変えて…。ダンディーさんは何世代にも渡ってアラモを見て来た希有な存在だと思います。恐らく、12代〜23代くらいまでカバーしてますよね?その10年間を見て世代毎の特徴やサークルの雰囲気の変化など教えてください。

村田:「世代毎の特徴…1個下(16代)と3個下(18代)は俺らと同じ様な雰囲気やったな!真面目な印象。でも、2個下(17代)は特殊やったね。なんちゃんと隆一が(笑)」

 

——なるほど。アラモ史に残る偉大なお二人ですもんね。

村田:「俺らが卒業してから、飲み会もきつくなったし、はっちゃっけたサークルになったと思う。やはり、特に印象強いのは、ジョナサン達(21代)かな。最初見た時は、何てはっちゃっけてる代だ!って思ったし。7個下ぐらいからは、タイプというかノリの違いを感じるようになった。年の差かもやけど。」

 

——年の差ですね。

村田:「1個下から6個下までは各代にめっちゃ仲良くなる男の後輩がおったけど、それが途絶えたからなー。」

”年下の子が好きやったからな(笑)”

ダンディーさん 親友の田中と

 

——6個下に親密な関係を作るって凄いですよ全体的な変化は?

村田:「まあね。全体的な変化として言えることは、年々良くも悪くも先輩後輩の上下関係が薄れてきてるってのは感じた!俺らの代は先輩にタメ口使うってのは、考えられなかったもん。例え浪人して、同じ学年やったとしてもね。」

 

——なるほど。一方で、伝統的なアラモの系譜というか、変わらない部分は?

村田:「変わらない部分は、アラモの売りである”アットホームの部分”かな!あと、のんびり出来る緩さ。」

 

——もはや”アラモの語り部”であるダンディーさんならではの視点ですね。そんなダンディーさんにとってアラモードはどんな存在ですか?

村田:「アラモードがなければ今の俺はないと思うし、素晴らしい友達や後輩とも出会う事はなかったと思う。人生の一部でもあるし、かけがえのない宝物やな!アラモードを卒業して、今は社会人サークルに入ってるけど、気持ちは生涯アラモーダーやわ(^^)

アラモのダンディってのが、一番落ち着くし!そういう意味では、ホーム的な存在でもあると思う。」

 

——生涯アラモーダー…アラモ愛凄いです!最後に、現役のアラモモーダーにメッセージを頂けますか?

村田:「アラモでかけがえのない友達、恋人、そして思い出を作って下さい。将来アラモを卒業しても、生涯アラモーダー宣言が出来るぐらい、アラモードを好きになってくれたら嬉しいです。」

 

「”気持ちは生涯アラモーダーやわ(^^)”」

 

——ありがとうございます。是非、7/11の同窓会は可愛い後輩をゲットして下さいね。(笑)というのは冗談で…久々にお会い出来る事を楽しみにしています。

村田:「本当に素晴らしい企画やと思う!同窓会をきっかけに新たな交流も増えるやろうし、アラモOBOGも盛り上がる。色んな年代を集めたら、楽しいやろうなって思いはあったけど、俺のキャパでは実行するのに、容量不足だったので、今回実際に企画してくれて感謝してます。応援してます。今後も同窓会を定期的に開催出来たら素晴らしいと思う!」

 

——ありがとうございます。今後は正式な事務局を発足させて、30周年パーティーなどやりたいと考えてます。乞うご期待です。保育士として益々ご活躍をお祈りしています。

ダンディーさん①

保育士として園児をあやすダンディーさん。 微笑ましい一枚です。頑張って下さい!

 

アラモード.88テニス同好会」は関西外国語大学(関西外大)の公認テニスサークルです。

ブログランキング参加中です。ボタンをクリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログ テニスサークルへ にほんブログ村

※【注意】当サークルは20歳未満の飲酒は固く禁じており、「飲み会」などのワードに関連する事項も全て未成年飲酒禁止法に基づいております。

☆編集後記☆
生涯アラモーダーというフレーズがダンディーさんのアラモ論の全てを物語っていますね。卒業して10年近く経ってもアラモ愛は衰えませんね♪ 記者:あつし
【合わせて読みたい関連記事】
■21代部長:田中悦司の「アラモ論」/インタビュー記事
21代部員:西田一視の「アラモ論」インタビュー記事
19代部員:東晋平の「アラモ論」/インタビュー記事
15代部員:村田勇樹の「アラモ論」/インタビュー記事

129円のスマホ留学!「レアジョブ」で英語ペラペラに

留学も英会話もコストはかかります。でも「レアジョブ」なら、Skypeさえあればスマホからパソコンから簡単にネイティブ講師のレッスンを受講できます。25分129円という破格の料金なので学生でも手軽にトライできます。

英検・TOEIC・TOEFLから就職面接・履歴書添削・ビジネス英語まで幅広く対応してくれます。色々なオンライン英会話を試しましたが、「レアジョブ」がナンバーワンです。
今ならオトクな限定キャンペーン実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です